読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知的好奇心 for IoT

IoT関連の知的好奇心を探求するブログです

Raspberry PiのファイルマネージャーからOmxplayerで動画を再生する

Raspberry Pi (Raspbian)には、ハードウェア動画再生支援機能を活用するOmxplayerが標準でインストールされています。

このハードウェア動画再生支援機能は非常に強力で、Raspberry Pi ZeroでもフルHD(1920×1080ピクセル)のMP4ビデオを非常に高いクオリティーで再生することができます。

Omxplayerはコマンドラインなので、日本語の長い動画ファイル名の入力なんて面倒で嫌だ!っと思っている方いませんか?

ファイル名の入力なんて必要ないんです。ファイルマネージャーから再生することができるんですから。

 

標準ファイルマネージャー PCManFM

f:id:IntellectualCuriosity:20170404182453p:plain

Raspbianの標準ファイルマネージャーPCManFMの右クリックメニューからOmxplayerを選んでMP4ファイルを再生する方法をご紹介します。

 

MP4ファイルのプロパティを表示

f:id:IntellectualCuriosity:20170404183012p:plain

ファイルマネージャーでMP4ファイルを選び、右クリックしてプロパティを表示します。「開くアプリケーション」でカスタマイズを選びます。

 

アプリケーションの選択

f:id:IntellectualCuriosity:20170404184616p:plain

コマンドラインを指定」タブを選び、上図のように入力して「OK」を押します。「端末エミュレータで実行する」にチェックを付けるのを忘れないようにしてください。チェックを付けないと動画の再生時にキーボード操作ができなくなります。

設定が終わると、MP4ファイルの右クリックメニューに「Omxplayer」が追加されます。

f:id:IntellectualCuriosity:20170404184710p:plain

 

動画再生時のキーボード操作

f:id:IntellectualCuriosity:20170404184834j:plain

動画は全画面で再生されます。

GUIがない代わりにキーボードで操作することができ、操作時に上図のようにOSD(On-Screen Display)が表示されます。

代表的なキーボード操作
1        再生スピードを遅くする
2        再生スピードを速くする
<        巻き戻し
>        早送り
q        Omxplayerを終了する
p / スペース 一時停止/解除
左矢印    30秒巻き戻し
右矢印    30秒早送り
下矢印    10分巻き戻し
上矢印    10分早送り

Omxplayerの詳しい操作はここで見れます。(英語です)

 

重要!ディスプレイの解像度がフルHD(1920x1080ピクセル)のとき

ディスプレイの解像度がフルHDの場合、標準のGPUメモリ(64MB)では上で紹介したOSDが表示されません。

下図のようにRaspberry Piの設定でGPUメモリを80MB程度に増やしてください。

f:id:IntellectualCuriosity:20170404191054p:plain

 

設定ファイルの場所

アプリケーションの選択で設定した情報は、アプリケーションの名前で指定したファイル名で以下のディレクトリに保存されます。

/home/pi/.local/share/applications

ファイルを削除すれば設定前の状態に戻すことができます。